>

何をすれば良いのか探ろう

毛先からブラッシングをしよう

頭の頂上から毛先に向かって、一気に髪の毛をとかすのは間違った方法になります。
正しい方法は、毛先から少しずつとかしていきます。
毛先からとかすことで、絡まっていても簡単に解消できます。
髪の毛が短い人は1日に数回ブラッシングをするだけでも良いですが、髪の毛が長い人は多い階数が必要です。
どのくらい髪の毛をブラッシングすれば良いのか、回数を見極めてください。

静電気が発生すると、髪の毛が絡みやすくなります。
最近は静電気が抑制するクシやブラシが登場しているので、それを使うのも良い方法です。
髪の毛が絡んだ状態を放っておくと、解消するのが難しくなります。
こまめに髪の毛をブラッシングして、サラサラな状態を維持しましょう。

スタイリング剤を使っている場合

髪の毛を固めるために、スタイリング剤を使っている人がいるでしょう。
そのままではブラッシングしにくいので、洗い流してから実践してください。
シャンプーする必要はありません。
スタイリング剤は、お湯で洗い流せるタイプが多いです。
きちんと洗い流してから、ブラッシングすることで絡みを予防できます。

スタイリング剤を洗い流したら、軽くタオルで拭きとってください。
髪の毛を濡れたままにしておくのは、おすすめできません。
ダメージを受けてしまうので、タオルを使って乾かしましょう。
また、必ずお湯で洗い流してください。
温度が低い水では、上手く洗い流せませんし髪の毛にダメージを余計な与えます。
温かいぬるま湯がベストでしょう。


この記事をシェアする